外国人技能実習生の受入れの流れ

1. 事前打ち合わせ

・技能実習生は受入れ可能な職種が定められているので、職種の確認などをおこないます。
・現在弊組合では、ベトナム、ミャンマー、タイ、ラオス、中国の実習生を受入れております。
 企業様のニーズにあった国の実習生の受入れをご提案させていただきます。
 各母国語でのサポート体制を整えておりますのでご安心下さい。
・技能実習生の実習内容、雇用条件、求める要件をお伺いします。

2. 組合加入

・弊組合の事業をご利用頂くには、弊組合に加入いただく必要があります。

3. 海外送出し機関にて求人募集

・送出し機関・・海外現地での人材募集、
        選考会準備、入国前教育を実施する
        弊組合の協力機関です。

4. 海外現地選考

・送出し機関にて求人募集をおこない、集まった志望者から選考をおこないます。
・現地選考には弊組合職員が同行します。
 尚、スカイプなどを使用したWEBでの面接も可能です。
・選考時の実習生の日本語レベルは挨拶程度です。
 面接試験・実技試験(職種による)・筆記試験・体力・手先の器用さを測る試験などをおこないます。

5. 選考終了~実習生入国までの期間(約6か月間)

【実習生】
 送出し機関の学校にて、日本語や日本のマナーなどについて勉強します。
 この期間で、道具の名前など仕事でつかう用語を覚えさせることも可能です。

 ※母国にいる実習生の学習状況の確認などをインターネットのビデオ通話を使用して確認もおこなっております。

【受け入れ企業様(実習実施者)】
 入国申請に必要な書類のご提出

【協同組合(監理団体)】
 各種入国申請書類の作成

6. 入国

来日した実習生は、入国後講習をおこなう研修センターに弊組合職員が送迎します。
入国当日に日本語試験を実施し、翌日から受講するクラスを決定いたします。

7. 入国後講習(約1カ月)

入国後約1カ月の間に
①日本語 ②生活一般 ③法的保護 ④技能知識習得
等をおこないます。

また当組合の講習では、体力づくりの一環で立ったまま授業を受けるなど、特徴ある授業をおこなっております。

講習場所である研修センターの授業見学も随時おこなっております。

8. 企業様での技能実習(就労)開始

実習生を企業様へお連れ致します。
その際、役所での転入届や銀行口座開設は弊組合にておこないます。

9. 技能実習1年目(技能実習1号)

・入国してから1年以内は1カ月に1回の訪問指導と3カ月に1回の監査訪問のため、毎月企業様を訪問します。
 監査訪問では、給与明細などのご提出をお願いします。

10. 技能検定試験基礎級(又は技能評価試験初級)

・実習生の入国後8~10か月後に、技能実習職種に関する試験を受検しなければなりません。
 本試験は、実技試験と学科試験があります。
 両方合格しないと2年目以降の実習ができなくなります。
 学科試験は弊組合で勉強会を実施し対策をおこないます。
 実技試験は企業様での対策練習をお願いしております。

・3カ月に1回は監査訪問として企業様を訪問します。
・上記以外もトラブル発生時は随時対応のため訪問します。
・日本語能力試験の受験を実習生に推奨、合格者には弊組合から報奨金も支給しています。

11. 技能実習2、3年目(技能実習2号)

12. 技能検定試験随時3級(又は技能評価試験専門級)

・技能実習職種に関する更に上位の試験の実技試験に合格すると4年目・5年目の実習をおこなうことができます。

 ※4年目以降の実習は企業様と実習生の両者に延長の希望があり、企業様が優良条件に適合する場合のみ可能です。

13. 退職帰国 or 4年目5年目(技能実習3号)

※4年目の間に1カ月以上の母国への帰国が必要となります。
・3カ月に1回は監査訪問として企業様を訪問します。
・上記以外もトラブル発生時は随時対応のため訪問します。

14. 技能検定試験随時2級(又は技能評価試験上級)

技能実習5年間のまとめです。

15. 技能実習満了

16. 退職帰国 or 特定技能移行(最長5~10年間)※職種による

技能実習は5年間で満了します。
満了後は、職種により特定技能の制度もございます。
弊組合は特定技能外国人の登録支援機関でもございますので、特定技能外国人の支援も可能です。

※特定技能制度は産業分野により最長で5年又は10年の延長が可能です。