【実習生ブログ】インドネシア視察

9月にインドネシアへ送出し機関の視察に行ってきました。
インドネシアは人口2億6千万人以上の東南アジア最大の国。
首都ジャカルタは大都会で渋滞も激しく、歩いて10分の所に車で30分以上かかることもありました。
一方、広大で多様な国のため、地方の農村部はまだまだ遅れており、 良い仕事に恵まれる機会も少なく、技能実習生として日本へ行きたいという若者も非常に多いですが、実際に技能実習生として来日できる人はまだ少なく、今後の技能実習生送出し国として有望であると感じました。

高層ビルが林立する首都ジャカルタの風景

 

送出し機関の技能実習生の出国前の教育センターも見学しました。
インドネシアは大部分の人がイスラム教徒で多くの女性はジルバブという布を頭に被っています。お酒もコンビニで販売できませんが、男性実習生は日本に来てから、お酒を飲むようになる人もいるとのこと。中東諸国と比べて、戒律は厳格ではないようです。皆、非常に明るく、一生懸命日本語を勉強していたことが印象的でした。

送出し機関教育センターの教室にて

【O】